2010年06月14日

Samurai Blue

"Azzurri"と呼ばれるサッカーイタリア代表の青いユニフォームは、イタリア統一の立役者であるサヴォイエ家の紋章からきていると聞いた。確かに今のイタリアの国旗に青はない。それは緑と白と橙。この3つの色を陰で結びつけているのが青ということか。イタリア人のスピリットカラー。だから、彼らは青のユニフォームで闘う。美しい青い海に囲まれたイタリアらしい。

ならば日本は、なぜ青を着て闘うのか。日本の旗にも青はない。サムライの色だからか?戦うことを忘れた江戸の武士たちは、お洒落のために、こぞって藍染めの青を着たという。その続きというなら戦士が着る色としては、ふさわしくない。

江戸時代に流行のピークを迎えた藍染めだが、その発端は、戦国時代にまでさかのぼる。藍で染められた青い衣服は、戦を生業とする戦国の武士たちに愛された。その美しい色もさることながら、藍の持つ殺菌・消毒効果や毒虫を寄せ付けないという実利的な理由からだと言われている。まさに戦いのために選ばれた色、戦場でもっとも輝く色、それが日本のサムライブルーだ。


【関連する記事】
posted by たつ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。