2010年08月03日

An excess

SN3D0575.jpg

ぼくはいつも、その年の真夏の太陽を見るまで、真夏の太陽がどんなに強く輝くものだったかを忘れている。そして毎年、真夏の太陽の狂ったような輝きに出会い、とても驚くことになる。あたかも生まれてはじめて、その輝きに出会ったかのような感覚になる。何年生きていてもそうだ。それは、ぼくが少々学習能力に欠けるか、記憶力に問題があるからかも知れない。学校で歴史のテストのために年号を記憶するのにも非常な苦労をしてきたぼくだから、そういう面があることも否定はできない。でも、きっとそれだけではない。ぼくは真夏の太陽の輝きが放つ情報量は、頭の中の記憶するメモリーには入り切らない大きさなんだと思う。それは、あまりにパワフルな存在であるため、人の記憶という小さな器には収まり切らないのだと思う。だから、ぼくの真夏の太陽はこんな感じと言う記憶は、本物に出会った時、いつも完膚なきまでに裏切られることになるのだ。

今日出会った太陽は、最強の輝きを放っていた。今年も、ぼくの記憶は新たに塗り替えられた。

【関連する記事】
posted by たつ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

Light in the darkness

SN3D0572_2.jpg

posted by たつ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

Envoi

SN3D05690001.jpg

夏至を迎えた昨日の朝、オープンしたてのカフェに行った。開店したばかりの店が往々にしてそうであるように、そのカフェのスタッフも少々焦り気味。案の定、注文したアイスのカフェラテを作るのを忘れ、ぼくより後の2、3人の客がオーダーした飲み物を先に出した。ぼくは、できるだけやさしい口調で、カフェラテはまだかと店員に尋ねた。すると、今度は30秒ほどで出てきた。ずいぶんインスタントなカフェラテだなと思ったが、もちろん口には出さない。

カフェラテを受け取り、店の奥に予め確保しておいた席に座った。その席の脇の道路に面している店の壁は、すべてガラスばりになっていて、光がよく入る。天井も高くて、とても気持ちがいい。即席のカフェラテも、案外おいしく感じた。そんな日常の小さな幸せに浸りながら、ふと目を横に向けると、そこに彼がいることに気づいた。彼は、ひとりで別世界にいるかのような、とても美しいエメラルドブルーの胴体と、ディープブルーの羽を持っていた。そのあまりに鮮烈で、生々しい自然の色彩を目にした瞬間、ぼくは自分が都会の真ん中にいることを忘れた。しばし、彼のふるさとであろうはずの、深い森のイメージに思いを馳せた。やがて我に返ったぼくは、あることに気づいた。それは、このコンクリートだらけの都会も、生命に溢れる森や山と「つながっている」ということ。その当たり前の事実は、都会に生きるぼくを、どこかでちょっと安心させてくれた。ぼくの夏の滑り出しは、上々だ。


posted by たつ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

For jacket

SN3D0559.jpg

I am looking for a right cloth to make an indigo jacket.
This one looks good to me.

posted by たつ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

Samurai Blue

"Azzurri"と呼ばれるサッカーイタリア代表の青いユニフォームは、イタリア統一の立役者であるサヴォイエ家の紋章からきていると聞いた。確かに今のイタリアの国旗に青はない。それは緑と白と橙。この3つの色を陰で結びつけているのが青ということか。イタリア人のスピリットカラー。だから、彼らは青のユニフォームで闘う。美しい青い海に囲まれたイタリアらしい。

ならば日本は、なぜ青を着て闘うのか。日本の旗にも青はない。サムライの色だからか?戦うことを忘れた江戸の武士たちは、お洒落のために、こぞって藍染めの青を着たという。その続きというなら戦士が着る色としては、ふさわしくない。

江戸時代に流行のピークを迎えた藍染めだが、その発端は、戦国時代にまでさかのぼる。藍で染められた青い衣服は、戦を生業とする戦国の武士たちに愛された。その美しい色もさることながら、藍の持つ殺菌・消毒効果や毒虫を寄せ付けないという実利的な理由からだと言われている。まさに戦いのために選ばれた色、戦場でもっとも輝く色、それが日本のサムライブルーだ。


posted by たつ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

What I am good at...

SN3D0554.jpg

I'm good at finding a clover of four leaves. People say it will bring you happiness. I don't know if it's true. I don't care really. I just like finding it. It usually looks more ugly than the three leaved ones. I guess it is because there are not enough space for four leaves, and the leaves are too tight each other.

So for me, finding Miss Happiness is finding Miss Ugly. But there are few exceptions, like this one I found the other day. It is pretty. I am not sure if this clover will bring me happiness, but I still don't care. I am already happy that I found this.



posted by たつ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

Dessin

I started drawing sketches to make summer dress of aizome. I'm excited but don't know how coz I've never done it before... The sketch looks like a manga, hahaha. But still, it is a first step of my life as a designer! Yeeees! Congratulations me♪
I have a clear image of the dress, so I think it will realize, soon or later. Looking forward to showing it to you!




posted by たつ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

Growth

Though this world I own,
I possess not a thing,
for I cannot know the unknown
if to the known I cling.



posted by たつ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

blues

SN3D0545.jpg

can you see the difference? there are several kind of silk dyed by ai in the bucket. each of them has a different color, because of the quality of the silk and also it depends on how we dye!

posted by たつ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

hello world!

okay, i try writing this in english today. i was thinking about the meaning of this blog, and i realized that i should write this in english sometimes, since i want the people all over the world to find out the brilliant color of japanese natural "ai" dye. i hope you will be kind to the mistakes in my english writing here : ).

last month, i went to tokushima for twice to "grow" the dye. i use the word 'grow' rather than 'make', in order to show my respect to the dye and also treat it as a living creature. in fact, it is living. tokushima is in one of the biggest island of japan called shikoku and it is the motherland of "ai", japanese indigo. it is known as the starting poing of the famouse "ohenro", japan's greatest spiritual pilgrimage, created centuries ago by a zen master, kukai. if you want to feel the essence of japanese spirituality in the very pure form, i think it is the best place for you to visit. you cannot forget about its fresh food too! i will write more about this beautiful country and its island later on in this blog.

good night!

posted by たつ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。