2009年11月16日

SPACEMAN 2

SN3D0492.jpg

近ごろ、宇宙人をよく見る。目が合ったので、写真を撮らせてもらった。

【関連する記事】
posted by たつ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

SPACEMAN

SN3D0490.jpg

染めた布の上に、宇宙人発見。それにしても地球には、さまざまな生命体がいる。そのバラエティの豊かさ、それぞれの個性の強さには、いつも圧倒される。この星の魅力は、尽きることがない。




posted by たつ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

GROW

最近、藍との関係に微妙な変化が出てきた。ぼくと藍の「距離」が以前より縮んだのだと思う。最もわかりやすい具体的な変化は、その匂いをしっかりとかぐようになったことだ。その日の染料のコンディションを知るために、鼻を水面ぎりぎりまで近づけて、匂いを何度もかぐ。染料としての役割を果たすために必要な発酵臭は出ているか、雑菌による腐敗臭はしないかなど、自分の鼻を使ってよく確かめる。そして、その匂い次第では、より健康的な発酵を促進するための対処法を自分なりに考え、施すのだ。

思えばこんなことは、藍だてにおいては基本中の基本。今さら何を、という感じのこと。一年前のぼくでも、匂いをちゃんとかいでいるかと誰かに聞かれれば、もちろんと答えただろう。でも、この基本動作に対する姿勢や質が、以前とは明らかに違ってきている。藍に育てられてきたぼくが、藍を育てるようになる日も、そう遠くないかも知れない。

posted by たつ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

BEING FLAT

SN3D0484.jpg

"Roman Holiday"をアイロン掛けした。これまでの作品の中でも、最高レベルの染まり具合だ。

このアイロン掛け、意外と難しい作業なのだけれど、それでもハマるとけっこう面白い。くしゃくしゃだった布が、綺麗にフラットになると、ぼくの心もスッキリとする。


posted by たつ at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ROMAN HOLIDAY

SN3D0482.jpg

このところ、毎日のように染めをしている。今日も染めをしていたら、それまで曇っていたのに、急に日が射してきた。いつもは当たり前の、緑から青への色の変化が、奇跡のように思えた。ふと、中学生の時、母が珍しく映画に連れて行ってくれた日のことを思い出した。見たのは、母の好きな「ローマの休日」。あの日のキラキラ輝く、秋の澄んだ街の空気の感じは、今でも良く覚えている。久々に、母と映画でも行こうか。ぼくは、今日染めたスカーフにRoman Holidayという名前をつけることにした。


posted by たつ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

CHUNK

SN3D0480.jpg

布の「かたまり」。パワーを感じたのでシャッターを切った。
posted by たつ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

FAMILY

SN3D0475.jpg

今、活躍中のグレイとイエローのバケツ。右奥にちょっと写っているのが、新たに建てはじめた藍のバケツ。この秋は、この3つのバケツで、染めをどんどんやって行こうと思う。


posted by たつ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

COLLEAGUES

藍の建て方で、色が変わるように、スクモの作り方によっても色に大きな変化が出る。それぞれの作り手の個性によって、同じ種からも、違う結果が生まれるというのは、不思議なことだ。

すべての作り手が、己のベストの力を出し、互いに切磋琢磨して、より高いクオリティ、そして新しい技術の領域を開拓する。この単純なダイナミズムの中で、人間の文化は花開く。一見対立しているように見える作り手たちは、より大きな視点から見れば、ひとつの文化を担う「同僚」たちだ。


posted by たつ at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

INHERITED

SN3D0467.jpg

ある人たちから譲り受けた藍のバケツ。非常にパワフルだ。これからの季節、温度管理が重要なファクターになってくる。慎重かつ大胆に臨みたい。


posted by たつ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VISITOR

SN3D0454.jpg

てんとう虫くん。藍で染められた布の寝心地は、いかがかな?


posted by たつ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。